食事に影響されやすい不感症薬

Share on GREE
Pocket
LINEで送る

ラブグラは、アルコールや食事に影響されやすい薬となっていますので、空腹時に服用する事が大切です。
この薬の主成分は、シルデナフィルといって、男性用のバイアグラと同じ成分となっています。
腸から吸収する薬ですので、食後だと吸収されにくくなりますから気をつけなければなりません。

オーガズムに達することができず、悩んでいる方も多いかもしれません。
不感症じゃなくても、感じにくいとかイッたことがないという方にも効果があり、敏感になりますので試してみるといいと思います。

ラブグラで感度を高めることができる

性的刺激を受けたときに、敏感に反応する事ができるようになるので、オーガズムに達したことがない方も、性行為の際にイクという感覚を味わうことができます。

血流を促進する作用があり、不感症を改善するという効果がありますので、性的な悩みがある方は、婦人科でラブグラを処方してもらいましょう。
副作用として、頭痛や動悸・めまいなどの症状が挙げられるのですが、いつもと違う症状が出た場合は、副作用の可能性がありますので、服用を中止して医師に相談して下さい。

薬が効きすぎて興奮状態が続くというような事もあるようですが、そういう症状は薬の量を減らせば改善されるので、1錠を半分にしてみるといいでしょう。

Share on GREE
Pocket
LINEで送る